人をダメにするちょいブス 2話のネタバレ感想

人をダメにするちょいブスの2話「ちょいブスは処女のくせにドスケベで締まりも抱き心地も抜群」のネタバレ感想を紹介していきます。

 

⇒ 人をダメにするちょいブスを読んでみる

 

合コン後に斎藤祥子をラブホに連れ込んだ拓巳。

 

「んっんぅっ…た…たくみさ…っ」

 

拓巳は祥子の大きなおっぱいを揉みながら、キスをしまくる。

 

「いいから…大人しくして」

 

舌を入れて激しくディープキス、そして上着を脱がし、祥子の大きなおっぱいが拓巳の目の前に。

 

「うお…すっげ…」 祥子の巨乳に見とれる拓巳。

 

興奮した拓巳は祥子のおっぱいにむしゃぶりつく。

 

「あああっ…」 おっぱいを舐められ感じる祥子。

 

おっぱいを堪能した拓巳は祥子のズボンを脱がし、大きくなったアソコにコンドームを付けバックから攻める。

 

腰を振り始める拓巳。

 

「ああああ!!ああああん」

 

祥子は今まで感じたことのない快感に悶える。

 

祥子のでっかい尻にバックから攻める拓巳。

 

顔はブスだが身体は良すぎる。

 

祥子のアソコの締め付けが気持ち良すぎて、最後は中に出す拓巳。

 

かなり溜まっていた拓巳は大量のものを出した。

 

そして、3話に続く

 

2話でついに拓巳と祥子のセックスが見れました。

 

バックから入れるシーンはどエロ過ぎましたね。

 

祥子ちゃん、おっぱいも大きいし、ケツもデカいしセックスするには最高の女だと思います。

 

こんなセフレが欲しいですな。